日本人の歪さについて

常々思うんです。
日本人って、実はとんでもない無責任な民族なんじゃないかって。いきなり突拍子もないかも知れませんが、この近年は特に感じるんです。

日本って、世界にすごくアピールはするんですよ。日本人は素晴らしい、日本は優れている、だから日本はもっと世界をリードすべきだ!と。

でも、日本は世界に対する責任を果たしていないのに権利だけを要求しているようにしか見えないのは自分だけでしょうか?例えば、日本は国連の非常任理事国に入りたいとしていますが、それが何を意味するか理解してるんでしょうか?日本は戦争を否定して戦争を憲法で禁じている滑稽な国で、それを賛美する滑稽な民族です。臭いものにはフタをして、面倒事や厄介事には関わりたくない、平和が大好きで、何でもかんでも話し合いだけで解決したがり、またそれが出来ると妄信してる国です。

いや、こんな国を非常任とはいえ、国連の理事国に加盟させたいかなと思うんですよね。常任にしろ非常任にしろ、理事国に選ばれている国には、当然使命や責任があるわけで、それを果たすだけの覚悟と決意があるんです。無論、自国が血を流す覚悟も。日本に、日本人にそんな覚悟ありますか?甚だ疑問です。

難しい話だけど、日本が世界をリードしていこうと真に思うのなら、まずは国民を鍛え直すのが先じゃないでしょうか。甘ったれでワガママな日本人に、世界が舵取りを任せるとは思えない。それをまず、しっかり受け止めて欲しいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です